株式会社ライズ

  1. HOME
  2.  > 
  3. 現場監督だった社長のブログ 建設業界用語
  4.  > 
  5. ロックウールとは?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロックウールとは?

玄武岩、鉄炉スラグなどに石灰などを混合し、高温で溶解し生成した人造鉱物繊維のことであり、岩綿(がんめん)とも呼ばれている。

ロックウールは軽くて柔軟性があり、700度まで形状を維持できるだけの耐熱性能があるので、アスベストに代わる耐火被覆材として使用されている。
また、壁などに貼って吸音材としても使われたりもする。
現場への搬入も楽でその場での切断作業も簡単であるとされている。

ロックウール全面にシール(六面シール)をして、袋に包んでいる製品が多い。
ガラスを原料としたグラスウールに比べると若干高価だが、グラスウールのようにフカフカしておらず、決まった形がある。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加