2020,8,25工事の丸投げとは?

発注者から工事を請け負った建設会社が、その工事に一切何も関わらず、下請の建設会社に工事の全てを任せてしまうこと。正式には「一括下請負」。
 
元請はもちろんのこと、下請間でも法的に原則、禁止されている。工事の一部分であっても、それが工事の重要な部分などであれば、やはり丸投げは禁止である。
 
法律(建設業法)が丸投げを禁止している理由は主に以下の3つである。
 
(1)工事の発注者は、入札や、いろいろと検討して建設会社を選んだのに、実際は他の建設会社が施工していた、では矛盾している。
 
(2)工事に、何らかの不具合が発生した場合、契約した会社が責任を取るため、丸投げされた会社が手抜きをしたり、法令を守らず施工する可能性がある。
 
(3)丸投げがOKになれば、技術力もないのにピンハネだけを目的とした、営業力だけが強いブローカー的な会社が多くなってしまう。
 
 
 

2+