株式会社ライズ

  1. HOME
  2.  > 
  3. 現場監督だった社長のブログ 建設業界用語
  4.  > 
  5. 国土交通省登録資格とは?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省登録資格とは?

国内でこれから急速に老朽化する、橋、トンネル、水門、下水道、港湾など社会資本の【点検・診断】や【計画・調査・設計】に必要とされる国土交通省に登録された民間資格のこと。

※現在の登録資格一覧はこちら
https://www.rise-jms.jp/media/blog/a117

基本的に新設物ではなく、あくまで老朽化していく既存物を対象にした点検や設計などに関係する資格である。

国内で老朽化していく膨大なインフラ等の維持管理や更新に際し、新設の技術力だけではなく、老朽既存物に対する行政や民間職員の技術力アップのために設けられた資格制度。

国土交通省の業務入札(総合評価落札方式等)では、管理技術者の要件としていたり、技術力評価で資格者の配置を加点している。

令和3年(2021年)2月現在で328個の民家資格が登録されている。

【計画・調査・設計】分野:83資格
【点検・診断】分野:245資格
 合計:328資格

(国土交通省登録資格の概要について)
https://www.mlit.go.jp/common/001272307.pdf

(国土交通省登録資格の概要)
https://www.mlit.go.jp/common/001152362.pdf

(国土交通省登録資格を活用していただくために)
https://www.mlit.go.jp/common/001315572.pdf


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加