人の気持ちを察してみよう

2018.02.08

ライズ20期生の研修では、建設業の知識や計算だけではなく、
コミュニケーション向上のためのワークショップも行っています。

職人さんと管理者側とに分かれて、職人さんに完成図を見せずに図形を描いてもらうというものです。
職人さん・管理者とどちらの立場にもなり、
どちらの気持ちも味わってもらいます。
例えば、職人さん側は、管理者の説明がわからない、
指示の仕方が下手などと思いますし、
管理者側は、思った通りに職人さんが動いてくれない、
きれいに描いてくれないなど。

プロジェクトマネージャーは管理者側として働きますので、
どのように説明すれば他人に自分の考えが伝わるのか、
どうすれば気持ちよく他人が動いてくれるのかを
学ぶことができたのではないでしょうか。

こういったことを通じて、他人の気持ちを察する力を身に着けていってください!

 
 

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

千葉県松戸に本社を置くライズは
社員の成長を第一に未経験者の育成に力を入れています!

興味のある方は下記からお問合せください。

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

5+