2019,6,4測量実習

新人研修では諸事情でしばらく控えていた測量実習が、
本社近くの公園で昨日久しぶりに行われました。

レベルという望遠鏡のような測量器械と
スタッフという巨大なものさし(?)を使って
地面の高低差を調べる水準測量と呼ばれる作業です。

実際の工事現場では2名1組で行われる事が多いですが、
研修では理解を深めるため最初4、5名のグループで始めています。
測量結果は、ミリ単位の許容誤差に収まっていないと
現場ではやり直しになりますが、さてどうだったでしょう?

写真を見ても分かるように、昨日は少し暑かったようですが、
無事実習は終わったようです。
新人の皆さん一日お疲れさまでした。

0