新・建設業界の食べ物

2021.05.20

こんにちは!株式会社ライズです。

 

今の時季スーパーに行くとよく見かける皮付きの筍。旬のピークは4月頃だそうですが、建設業界の用語にも「タケノコ」があるのをご存じですか?

 

【タケノコ(竹の子、筍)】
配管の部品。工事用の給排水や給気用のビニルホース・ゴムホースなどを接続するのに使う継手のこと。ホースを抜けにくくする為に接続部が段々に加工されていて、それが筍の形に似ているところからタケノコと呼ばれる。

 

えっ、自分が知っている「タケノコ」はこれじゃない!

という方がいるかもしれません。

 

実は…
もう1つ「タケノコ」と呼ばれるものがあるのです!

それがコチラ。

インパクトドライバーやドリルドライバーに取り付けて使うステップドリルという道具です。様々な大きさの穴を開けるための段が付いているので、1本で複数の大きさの穴を開ける事ができる、円錐形のタケノコみたいな形のドリルです。

木材用と金属用があり、穴を開ける素材によって使分けることで木材からステンレス・鉄板まで幅広い素材に穴を開ける事ができます。

 

管工事以外の現場、またはDIYをされる方だと、「タケノコ」と聞くとこちらをイメージするかもしれません。

 

工事の分野によって何を指すのか違うのがおもしろいですね。

SZ・TM

 

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

千葉県松戸に本社を置くライズは
社員の成長を第一に未経験者の育成に力を入れています!

興味のある方は下記からお気軽にお問合せください♪

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

0