〒271-0092
千葉県松戸市松戸1307-1
松戸ビル16階
JR常磐線・松戸駅西口 徒歩約3分

ライズの強み

創業から20年以上、規模の拡大を追わない経営

ライズは決して急激な企業規模の拡大を優先していません。創業から今日までの二十数年の間には、社員数や売上、エリアや事業領域を大きくする事を急ぎ過ぎて、多くの会社が倒産していくのを間近で見てきました。ライズがこれまで関連会社を含め一度も赤字にならなかったのも、戦後最悪と言われ倒産が多発した建設業界の不況期や「失われた20年」を乗り越えてこられたのも、企業規模の拡大を追わず、働くスタッフやお客様などすべてのステークホルダーにとって、どれだけ安心や安定が得られるかを常に考えてきたからだと思っています。

社員の成長が第一、社内育成に注力

ライズが数年前から行っている未経験者のエンジニア育成制度では、社長自身が入社直後の1カ月研修と、その後継続して行われる国家資格の取得勉強会の講師を自ら担当しています。入社した社員に、技術職としてエンジニアとして高いスキルを身に付けてもらう為です。社員の研修や育成・教育を外部に依頼する企業は多いですが、ライズでは社員の成長やスキルアップが第一優先という観点から、ゼネコンを含め20年以上の実務経験がある社長自らが、直接社員に接して技術の向上を図っています。

スタートアップ事業の発注者支援業務に強み

公共事業の発注者サイドで業務を行う発注者支援業務は、ライズの創業事業です。現社長自らが二十数年前からこの業務を直接行い、長い年月をかけて実績を積んできました。ライズは、旧道路公団や住宅公団、旧建設省(現在の国土交通省)など国内で発注者支援業務が実質的に始まった頃から、この業務に携わってきているため、その種類や性質・特性など業務内容に精通しています。発注者サイドのポジションという業務の性質上、ライズには建設業界の最先端技術や建設行政の方向性を把握したエンジニアが多く在籍しています。

PAGE TOP