建設業界の食べ物?

2020.12.10

こんにちは!株式会社ライズです。

12月になった途端、本格的に寒くなりましたね。この時期は熱々のラーメン🍜がよりおいしく感じます。ちなみに会社の近くには、超有名な「と○田」や「○郎」がありますが、常に長蛇の列なので昼休みに食べに行くというのが難しいです…💦

 

さて、建設業界にも「ラーメン」があるので、今回紹介します。
建物の構造形式の一つとして、ラーメン構造というのがあります。ラーメン構造とは、柱と梁が交わる部分(接合部)を溶接など一体化させるように接合することで、強靭な「枠」を形成し、変形を抑えた構造形式です。空間を広く活用できるため、マンションや公共建築物など様々な建物に利用されています。
有名な建物だと、世界遺産にも登録された「国立西洋美術館」がラーメン構造となっています。
語源はドイツ語の「Rahmen」です。Rahmenは、日本語で「枠、額縁」という意味があります。「ラーメンみたいに柱が縮れている」のではないんです。(そんなことはあり得ませんね💦)

ラーメン構造

2020年もいよいよあと20日、約10日後は冬至、2週間後にはクリスマス🎄ですね。
不安が尽きない状況ですが、美味しいラーメン🍜でも食べて12月の残りの毎日を楽しく過ごしたいですね。

SZ・TM

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

千葉県松戸に本社を置くライズは
社員の成長を第一に未経験者の育成に力を入れています!

興味のある方は下記からお気軽にお問合せください♪

■・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・■

2+