2020,7,14コンパクトシティとは?

商業施設や役所、住宅など人の生活に必要な機能を、災害の危険性の少ない、ある程度せまいエリアに集約させることで、文字通り街を小さくまとまったものにしよう、というもの。日本では国土交通省がコンパクトシティ政策として推進している。 街を小さくまとめる事によって、 ・行政サービスの効率化 ・インフラ整備などのコスト削減 ・職住接近による移動の効率化 ・広範災害の防止 などの効果を生み出そうというものだが、…> Read more

0

2020,7,13経審とは?

「経営事項審査」の略。公共工事を元請で受注しようとする建設会社を、規模(売上など)経営状況(財務体質など)技術力(資格者数など)等、経営事項を総合的に審査して点数化する制度。   公共工事は税金を使うため、経営が健全で、且つ発注する工事の規模や技術的度合いに応じた相手方を選ぶことを目的とした制度で、公共工事の入札については、この審査を受けていないと参加できない。逆に、小規模な民間の建築工事などにお…> Read more

0

2020,7,13建設業の格付け(ランク付け)とは?

公共工事を発注する官公庁などが、建設会社を売上、利益、資本力、技術力などを総合的に評価してランク付けする制度。官公庁によって区分方法は異なる。   国土交通省ではA・B・C・Dの4段階に区分されており、一般的な工事では、Aランクは7億2000万円以上、Bランクは7億2000万円まで、Cランクは3憶円まで、Dランクは6000万円までの工事しか受注できない。 ※金額は建設会社が請け負った受注金額ではな…> Read more

0

2020,7,13グリーンファイルとは?

工事の下請業者が現場に入る際、元請業者に提出する「労務安全書類」のこと。みどり色=安全のイメージがあることから、グリーンのファイルで綴じられることが多く、こう呼ばれる。   法令などに準じて、現場内で働く作業員や重機などの安全面を管理するために必要な書類で、全国建設業協会の様式(全建統一様式)に沿って作成する場合が多い。代表的な書類は以下の9種類。   1)再下請負通知書 2)下請負業者編成表 3…> Read more

0

2020,7,11【技能実習】制度と、【特定技能】制度の違いは?

ホントに間違いやすい、似たような名前の制度です。 細かいところは専門家に任せて大まかに理解できるようポイントだけまとめてみました。     ▶いつできた制度?   【技能実習】 1993年なので、25年以上も前に出来た制度です。   【特定技能】 2019年4月なので、まだできて1年ちょっとです。   ▶制度をつくった目的は?   【技能実習】 発展途上国などへ、日本で身に付けた技能を持ち帰っても…> Read more

0